要件定義プロセス問題:「明確にする項目は」|過去問で要件定義を解説

要件定義プロセス過去問マーク

問題


ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに区分したとき、要件定義プロセスで明確にする項目はどれか。
  • ア:システムを開発する目的
  • イ:ソフトウェア構成品目ごとの機能と能力
  • ウ:データベースの構造
  • エ:利害関係者のニーズと要望事項
H25春 過去問

解答


正解は、

  • エ:利害関係者のニーズと要望事項
です。


要件定義プロセスは、システムとして構築するための仕様を明確にする段階のことです。その目的はシステムの機能や性能を定めて明らかにすること、そして「要件定義書」を作成することで、その過程は

  • 業務要件把握
  • システム仕様・機能の明確化
  • 要件定義書の作成
に分かれます。この「業務要件把握」の過程で、
  1. 利用者の要求調査
  2. 調査内容の分析
  3. 現行業務の分析
を行います。最初の「利用者の要求調査」で、利害関係者のニーズと要望事項を調査できるので、選択肢エが正解となるわけです。


他の選択肢も見ていきましょう。

  • ア:システムを開発する目的
は、企画プロセスでの項目になります。企画プロセスに関しては、『企画プロセスとは:勝負は鞘の内にあり』を参考にしてください。次に、
  • イ:ソフトウェア構成品目ごとの機能と能力
ですが、これは開発プロセスでの作業内容になります。最後に、
  • ウ:データベースの構造
ですが、これも開発プロセスでの作業内容になります。これらのプロセスに関しては、別の記事で解説していきます。


それでは、残りの過程も解説しましょう。「システム仕様・機能の明確化」ですが、前の過程で把握された業務要件を満たす機能要件を定義します。また、あわせて非機能要件を定義します。この2つの要件に関しては、次の記事で解説します。
そして「要件定義書の作成」では、3つの要件をまとめて「要件定義書」を作成します。最後に、合意と経営者の承認を得て、RFPとします。このRFPに関しても、別記事で解説します。






今度は、上で解説した業務要件に関する応用問題をやってみましょう。


問題


業務要件の定義に関する記述として、適切なものはどれか。
  • ア:システム開発を実施するに当たって、開発に必要な体制、資源を定義する
  • イ:システム戦略に基づいてシステムの全体像を定義する
  • ウ:求められるシステムを構成するソフトウェアの動作や処理内容を定義する
  • エ:利用者のニーズを考慮して、システム化対象業務の業務手順や関連する組織における責任,権限などを定義する
H22春 過去問

要件定義プロセス応用問題の解説 を読む


要件定義プロセス用語解説 に戻る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック