ストラテジ系の分野にはどのような知識があるか

ストラテジ系試験概要のイメージ

ITパスポート試験で出題される分野の1つに、ストラテジ系の知識があります。ストラテジ系の知識とは、一言で表すと経営全般に関する知識になります。


経営全般と言っても広いですよね。ITパスポート試験を実施しているIPA(情報処理推進機構)による大分類では、

  • 企業と法務:企業活動に関する基礎知識と関連法規
  • 経営戦略:経営分析手法やソフトウェア、企業システム
  • システム戦略:情報システムを用いた戦略や業務改善・問題解決手法
となります。


ITパスポート試験では、全体の3割くらい出題される分野です。しかしこの試験を受けることが多い学生から見ると、あまり身近でない知識が多いのではないでしょうか。また、省略形で表される用語が多く暗記しにくいのも、この分野の特徴です。


そこで本ブログでは、一つ一つの省略語や用語の解説からはじめて、次に詳しい内容を説明します。そして過去問にトライすることで、正解にたどり着くパターンをつかんでいけるような記事を書いていきます。


以下、目次です。


企業と法務

企業活動に関する基礎知識と関連法規に関する知識となります。
詳しくは『企業と法務に関する知識には何があるか』の記事を参照してください。
企業と法務に関する知識には何があるか


中分類は次の通りです。


経営戦略

経営分析手法やソフトウェア、企業システムに関する知識となります。
詳しくは『経営戦略に関する知識には何があるか』の記事を参照してください。
経営戦略に関する知識には何があるか


中分類は次の通りです。


システム戦略

情報システムを用いた戦略や業務改善・問題解決手法に関する知識となります。
詳しくは『システム戦略に関する知識には何があるか』の記事を参照してください。
システム戦略に関する知識には何があるか


中分類は次の通りです。


ストラテジ系分野の知識に関する概要は以上です。
ITパスポートの用語解説から過去問対策 目次 へ戻る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック